虎ノ門ニュース  週間まとめ(2020.6/15~6/19)

6月15日月曜日

出演  作家 竹田恒泰さん

    産経新聞 月間正論編集長 田北真樹子さん

 

 最初のトピックスは、武漢肺炎によるアメリカの失業率の悪化。偏向メディア共同通信によると、アメリカ合衆国の4月の失業率は14.7%となり、戦後最悪に陥った。日本でも失業に至らない休業者が同月に597万人に達している。スペイン、フランス、ブラジル、インドでも深刻な問題となっているとのこと。

 田北氏が「中国でまた感染者が増えている」と言ったところ、竹田氏がすかさず「中国の公式統計と京都のバスの時刻表は全く信用できない」と主張。確かに、中国共産党の公式発表を鵜呑みにするのは大手紙(産経を除く)と地上波の情報番組くらいだろう。これらの輩は安倍政権が何をやっても批判する。竹田氏は「自画自賛は日本人の文化ではないかもしれないが、卑下することはない。日本政府の武漢肺炎対策は、台湾に次いで素晴らしかった。政治は結果が全てですから、もっと誇っていい」と語った。

 次のトピックスは「東京アラート」。竹田氏はそのシステムだけでなく、ネーミングをも酷評。「横文字がかっこいいと思っているのは上の世代だけ。ツイッター世代の若者は文字数を削るために『レモン』も『檸檬』と書いている」と言う。          

 

6月16日火曜日

出演  作家 百田尚樹さん 

    インテリジェンス専門家 江崎道朗さん

    コメディアン 居島一平さん

 

 個人的にはとても好きなコンビです。お二方も、気が合うのかネクタイの色まで一緒です。

 

Escribir comentario

Comentarios: 0